生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要

自分の葬式に向けて

葬式

近年の傾向

数年前から、巷で終活が大流行りしています。終活というと、エンディングノートや遺言書の作成を思い浮かべる人が多いですが、最近では生きているうちに自分で葬式のプランを決めて契約を結んでおくという人が増えてきています。特に、自分の生活スタイルを貫いて生きてきた人の場合、たとえ死んでしまった後とはいえ、自分のポリシーにそぐわない形で葬儀を営まれることを好ましく思わないことが多いです。自分の人生の最後を締めくくる葬式も、自分らしいスタイルで行ないたいと考える人が増えてきました。しかし、現実的なことを考えると、死んでしまった後はもう何もすることができません。そのため、生きているうちに自分で葬儀契約を結んでおく人が増えてきました。千葉には、葬儀の生前相談に対応している業者がたくさんいます。千葉県民だけでなく、千葉県以外の場所に住んでいる人でも相談できるようになっていますので、興味がある人は千葉の業者とコンタクトを取ってみるようにするとよいです。ちなみに、葬儀の生前相談を行う人の数は年々増加してきていますが、今後さらに増えるだろうと予想されています。

生前相談のメリットとは

生きているうちに葬儀の生前相談をしておくと、自分が死んだ後に、自分の希望に沿った形で見送ってもらえるようになります。改めて言うまでもないことですが、死んでしまった人は、もう何も話すことができません。弔問に訪れてくれた懐かしい人達に直接お礼を述べたりするようなことは絶対にできません。でも、自分らしいスタイルの葬式にすることで、生前に親交があった人達に自分なりのメッセージを伝えることが可能になります。また、生前相談には、それ以外のメリットもあります。最大のメリットとも言えるのは、遺族にかかる負担を軽くしてやることができるという点です。大切な人を亡くしたばかりの遺族は、頭が混乱してしまっているのが普通です。そのような状態で葬儀の段取りを決めていくのは、かなり大変です。でも、故人が生前に全て決めておけば、遺族はそのような負担から解放されることができます。

Copyright© 2017 生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要 All Rights Reserved.