生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要

小さいながらも選べる

葬式

故人や家族の気持ち

故人や家族の意向により、家族葬を選択する家庭が増えています。家族が亡くなったときは精神的につらく、大きな葬儀を執り行なうのは疲弊してしまうでしょう。また、費用の面も気になりますし、家族葬増加の流れは今後も続くことでしょう。家族葬と言っても、その形はさまざまです。たとえば通夜も告別式も行なわず、火葬のみを行なう形がもっとも簡素で費用が抑えられます。他にも告別式のみであったり、従来の形でこじんまりとした式場で行なうものなど、まずはそれらの選択から始めなくはなりません。通常の葬儀費用は平均で200万円弱、香典などを差し引くと100万円強と言われています。家族葬なら高くても50万円もかかりませんから、かなり違うことがうかがえます。

参列お断りの知らせ

いまや葬儀場の施設も、いろんな形に応える形で様変わりしています。家族葬や身内葬に合わせた小さな会場も増えてきています。大東市には葬儀場自体はあまり多くありませんが、家族葬を取り扱うところはあります。また、大東市の隣市にもたくさんあるので、チェックしておきましょう。もし大東市で家族葬を考えている人は、ネットなどで大東市の葬儀場を検索して、パンフレットなどを取り寄せると詳しい内容がわかります。家族葬の場合、もっとも気をつけなければならないのは、参列のお断りを知らせておくことです。また、香典や弔電や供花も辞退するかどうかも、その際に伝えておきましょう。知らせを受けずに当日に来る人もいるので、葬祭場の人にお願いして張り紙などをしておくと良いです。

Copyright© 2017 生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要 All Rights Reserved.