生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要

宗教とお葬式

蝋燭

お葬式の内容

お葬式は宗教や宗派によって考え方、スタイル、しきたり、マナーが違います。日本で1番多いのが仏教を基本とした仏式葬儀です。一般的な日本人がイメージするお葬式が、仏式葬儀です。福岡でも、仏式葬儀が一般的です。流れとしては、最初に仮通夜があり、その次に本通夜、次の日に葬儀、告別式があります。これは基本的か流れですが、最近は福岡でも仮通夜などは省略する場合が多いです。生前キリスト教を信仰していた人が亡くなった場合、キリスト教式の葬儀で行います。キリスト教でも、カトリックとプロテスタントがあります。カトリックの場合は神父さんが、プロテスタントの場合は牧師さんが式を執り行います。式では聖書の朗読、賛美歌の斉唱、献花などがあります。海外のキリスト式葬儀では通夜はありませんが、日本では「通夜の祈り」「前夜式」という通夜に似た儀式が行われることがあります。福岡では神式の葬儀もよく行われています。神式葬儀は神道を信仰する人が亡くなった場合に執り行われる葬儀のことです。正式な名称は神葬祭と言います。神葬祭では、仏式ではお焼香、キリスト式では献花にあたる玉串奉奠という儀式が行われます。玉串奉奠とは、神主から玉串を受け取り、それを根っこの部分を手間にして祭壇にお供えする儀式です。独特のマナーがあるので、福岡で神式の神葬祭に参列するときは、イラストや動画などで玉串奉奠のやり方をマスターしておくのがお勧めです。

Copyright© 2017 生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要 All Rights Reserved.