生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要

お墓参りおまかせサービス

ろうそく

代行の特徴とは

お墓参りと言えば、最低でもお盆とお彼岸には行きたいものです。その際にいつも岡濱入りをできない人は、お参りだけではなく掃除も済ます人も少なくありません。雑草が伸びて見た目にも良くないですし、お墓参りはその土地の住職とも顔を合わせる機会になるので、なるべくなら行った方が良いです。しかし病気やケガ、老化などでお墓参りが困難な人の場合は、お墓参り代行という方法もあります。お墓参り代行サービスは主に葬儀会社や石材屋などが行っていることが多いです。金額は5000円から数万円とその業者によって様々ですし、お花代は込みなのかどうかで金額がわかれたりします。しかし基本的にはお墓の掃除をして、お参りを依頼主に代わって行ってくれるサービスになります。確認のために掃除前後の写真を送ってくれる業者がほとんどなので、安心です。

代行のメリット

では代行のメリットは何かというと色々と考えられます。上記でも挙げたように年をとると若い時は登れた石段も、重たい水の入った桶をもち片手に花を抱えて登るのは大変です。そのため通いたい気持ちはあるものの、通うのが困難になってしまっている方は多いのです。さらに病気やけがが重なれば、なおさらお墓参りは難しくなってしまいます。自宅や病院からでも頼めるお墓参り代行は、このような場合でも気にすることもなく通常通りの生活を送ることができるのです。また現代の家庭の特徴として、長男が必ずしも地元に残り家を継ぐとは限りません。つまり遠く離れた子供のもとで老後を過ごす人も多く、お墓を移動できない人は結果的にお墓参りが困難になってしまうという場合もあります。そのような時に、お盆やお彼岸は墓参りにいくけれどそれ以外の時には業者の手を借りて管理したいという時にお墓参り代行は適していると言えます。一度もお墓に行かず一生お墓参り代行で済ますのは、住職との付き合いもあるかと思いますのでおすすめはできません。しかし困難な時であれば、頼りたいサービスと言えます。

Copyright© 2017 生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要 All Rights Reserved.