生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要

お金がかからない葬儀とは

フラワー

直葬がお勧めです

葬式はお金がかかるものと思い込んでいる人が多いですが、体裁を気にしないのであれば、お金をかけずに葬式を出すことができます。葬式で一番お金がかかるのは、会場の設営費です。広い会場を借りて立派な祭壇を設ける場合は、高額の費用がかかってしまいます。また、弔問客の接待にもお金がかかります。逆に、それらを極力省くようにすれば、少ない費用で葬式が出せるようになります。ただし、葬式の際に絶対に省略することができないものもあります。それは、遺体を荼毘に付す作業です。つまり、葬式から不必要なものを極限までそぎ落としていくと、最後に火葬だけが残ることになるのです。生野区には、火葬のみを行う直葬プランを用意している葬儀社があります。生野区周辺に住んでいる方ならわかるでしょうが、生野区では低料金葬儀に対する需要がかなり高くなっています。そういった事情があるため、生野区には低料金プラン専門の葬儀社が複数存在しています。

工夫できること

直葬プランの料金に含まれているのは、火葬場に支払う火葬料、棺桶代、死に装束代、霊柩車代などです。業者によって若干料金が違っていますが、25〜30万円前後の費用負担で葬式を出すことができます。経済的に苦しかったとしても、これ位の金額なら何とか用意できるという人が案外たくさんいます。しかし、中にはどうしてもお金を用意することができないという人もいます。その場合は、恥ずかしがらずに葬儀社に相談してみることをお勧めします。実は、経済的に困窮している人向けの公的扶助制度があります。その制度を利用すれば、自己負担ゼロで葬式を出せるようになります。ただし、その制度を利用するためには、必ず葬儀社を通して申請手続きをとらなくてはならない決まりになっています。低料金プラン専門の葬儀社は公的扶助制度の仕組みを熟知していますので、頼りにすることができます。

Copyright© 2017 生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要 All Rights Reserved.