生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要

家族が亡くなった時

花

するべきこと

東京の病院で家族が亡くなった時にすることは、まず1つ目に故人の遺志の確認です。故人の遺志に応じて葬儀の様式などが変わってくるので、遺書などを確認するようにしましょう。そして遺志を確認後に葬儀屋に連絡し、葬儀の時間帯などをセッティングします。その後は病院入院費の支払いを行い、親族友人らに連絡をとります。これらのことを1時間〜2時間程度で速やかに行う必要があります。速やかに遺体を移動させるために、葬儀屋の手続きを迅速にするように勧められたりしますので、故人との別れの悲しみを味わえる時間は10分〜30分程度です。少しでも悲しみと向き合う時間が欲しい方は、事前に葬儀などの手順をまとめておき、契約などを行っておくとよいでしょう。訃報を友達関係に知らせるのは注意が必要です。全ての人に知らせるのは良いですが、家族葬を行いたい等の場合、このあとに混乱を招く恐れもあるので、連絡しないほうが良い時もあります。よく葬儀のことなどを相談しておくと良いでしょう。

葬式、納骨

東京での葬儀は色々選べます。密葬というすぐ火葬してしまうスタイルで30万円程度から行えます。また、家族葬という家族や親族だけの小さな葬儀スタイルで50万円程度から行えます。それ以外のノーマルなお葬式の葬儀スタイルで150万円程度から行えますので、予算から葬儀方式を選ぶと良いでしょう。お葬式の中にも少人数から大人数までそれぞれプランもあります。よく相談して決めると良いでしょう。49日が過ぎるまで、火葬された遺骨と過ごします。仏壇などを家に置く場合はその準備をすると良いでしょう。置かない場合もお線香などをあげられる環境を一時的に作ることをオススメします。地方によっては分骨などで納骨されますが、東京では全骨を納骨しますので、注意が必要になります。東京の骨壺はサイズも大きくなります。お墓が無い場合はお寺で預かってもらえるシステムが10万程度から出来るので、うまく活用すると良いでしょう。

Copyright© 2017 生活保護を受けていた人の葬儀は手続きが色々と必要 All Rights Reserved.